memo」カテゴリーアーカイブ

備忘録

[git] core.ignorecase

git は defalt 設定において 大文字と小文字を区別しない

区別しない名前 : ファイル名、フォルダ名、ブランチ名、タグ名

大文字と小文字を区別しない(大文字と小文字の違いを無視する) ≪DEFAULT≫

大文字と小文字の区別する(大文字と小文字の違いを無視しない)

リンク

[vscode] 差分にジャンプする

Visual Studio Code において、比較(compare)を開いて、差分(diff)にジャンプする方法。

1. コマンドパレットを開く

  • Windows : Ctrl + Shift + P
  • MacOS : Command + Shift + P

2. 比較を開く

compare …

3.1. 次の差分行にジャンプする。

  • Windows : Alt + F5
  • MacOS : Opt + F5

3.2. 前の差分行にジャンプする。

  • Windows : Alt + Shift + F5
  • MacOS : Opt + Shift + F5

warning: git-credential-manager-core was renamed to git-credential-manager

症状

gitでリモートリポジトリにアクセスする(pullやpushをする)と次のようなワーニングメッセージが表示される。

ワーニングメッセージの例

続きを読む

[git] .gitattributes

sample

リンク

[C言語] setjmp() と longjmp() の使いかた

C言語の標準ライブラリ関数 setjmp() と longjmp() を呼び出すことで多段の関数呼出階層を飛び越えるジャンプ(いわゆるGOTO処理)を実現できます。しかしながら、現代的なプログラミングでは GOTO文 が忌避されるように、setjmp() と longjmp() を使ったジャンプも推奨されません。やむを得ず setjmp() と longjmp() で実装された既存のソースコードを理解するための助けとなることを目論んだ解説です。

続きを読む

プログラミング用フォント 2023年版

2010年代前半、プログラミング用の等幅フォントというと VLゴシックRicty くらいしか見当たりませんでした。いずれも半角の幅が全角の幅の半分であったため「等幅フォント」を選べば間違いありませんでした。しかし近年は日本語(漢字やカナ)を含むさまざまなプログラミングフォントが登場し、フォントの選択によっては空白文字やタブ文字で揃えた列の位置がずれる現象を引き起こすことがあるため、原因と対策をまとめました。

1. 等幅フォントとプロポーショナルフォント

フォントは大きく分けて『等幅フォント(固定幅フォント)』と『プロポーショナルフォント(可変幅フォント)』の2種類が存在します。

続きを読む

[C言語] 多次元配列へのポインタ

C言語の多次元配列へのポインタの説明とサンプルコードです。

1. 配列要素へのポインタ

最初は導入です。C言語の入門書にも登場する配列とポインタの関係を説明します。

1.1. 一次元配列とポインタの組み合わせ

もっともシンプルな例です。整数型の1次元配列を定義して、配列の先頭要素へのアドレスをポインタ変数 int *top_of_columns に代入しています。「ポインタ top_of_columns は一次元配列の先頭要素を指している」ということを明確にするために、2つの一次元配列を用意して、途中で指している一次元配列を書き換えています。

続きを読む