Windows」タグアーカイブ

[Windows] 代替データストリーム

NTFSにはファイルに関する副次的な情報を記録するための「代替データストリーム (ADS : Alternate Data Stream)」と呼ばれる機能が存在する。

Webブラウザやメールの添付ファイルとして受け取ったファイルにはこのADSが付加されてストレージ上にファイル本体(メインデータストリーム)と並んで記録される。

ADSはファイル名の後ろに “Zone.Identifier” という名前が付く。
ただし、通常のツールやコマンド操作でADSを見ることはできない。
続きを読む

[win] DLL内外でグローバル変数を共有する

DLL(Dynamic Link Library)の内部と外部でグローバル変数を共有する(双方からアクセスする)方法

DLL内のコード記述

C言語 (~.c)

C++ (~.cpp)

続きを読む