[git] worktree

1. ワークツリーのチェックアウト

1.1. コマンド書式

1.2. コマンド実行例

1.3. 補足説明

上記の例ではローカル・リポジトリ(≒起点となるワーク)が ~/Projects/foo にあるものとする。
すでにワークツリーがチェックアウトされたフォルダの下に新たなワークツリーのフォルダをチェックアウトすると煩雑になるため、各々のワークツリーのチェックアウトフォルダは分離するべきである。

2. ワークツリーのリスト

2.1. コマンド書式

2.2. コマンド実行例

3. ワークツリーの削除

3.1. コマンド書式

4. ワークツリーの刈込み

4.1. コマンド書式

  • rm -rf ~/Project/foo_master などの方法で削除済みのワークツリー(作業フォルダー)の残されたワークツリー情報を削除する。
  • gitコマンドを介さずに削除してしまった作業フォルダーのgit管理情報を後追いで一括して削除するコマンド。
  • git worktree removeを実行し、作業フォルダーとワークツリー情報を一括して削除する方法が、作業フォルダーだけを直接削除するよりも安全である。git worktree remove を使うことで、ローカルリポジトリ(.gitフォルダー)を誤って削除することが避けられる。

5. References