ちはやふる日記


[cinema] 『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』

2021年09月12日 15:16更新

2015年公開作品ですが、地元映画館の上田映劇で上映されていたので見に行ってきました。

葛飾北斎の娘、葛飾応為(お栄)を描いたアニメーション作品。宮﨑あおいさんが演じたNHKドラマは、離婚して北斎の元に戻った後からを描いていますが、こちらの作品は結婚前のちょっと切ない恋の行方なども描いています。アニメーションの特徴を生かして、江戸の風俗と物の怪が跋扈する夢うつつの世界を上手に描いた作品でした。


[cinema] 『子供はわかってあげない』

2021年08月30日 22:27更新

上白石萌歌さんが演じる主人公は、一生懸命に部活の水泳に打ち込んでいるのだけれども、いつも真剣な瞬間に笑みが我慢できなくなってしまうものだから、周囲から「弛んでいる」と誤解されている高校2年生。そんな彼女が、両親の離婚で小さなころに離ればなれになった父親に会いに行く、ひと夏の物語です。別れた実の父親で、新興宗教の教祖様を演じるのが豊川悦司さん。でも、まったくパリッとしたところも厚みも深みもない、しょぼくれたおじさんを演じているところに親近感が湧いてしまいました。😅

実の父親との別れのときも、あっさりと笑顔で去っていく主人公の女の子が涙をみせる瞬間が何故ここ?と、最後のどんでん返しに意表を突かれてしまいましたが、雲一つない真夏の青空のようなカラッとした爽やかな青春映画でした。🥤


[cinema] 『1秒先の彼女』

2021年08月19日 12:00更新

かわいらしいラブコメディーでした。郵便局で働く主人公のシャオチーは10代か20代前半くらいかな?と見ていましたが映画の設定は30歳こじらせ女子という設定でした。それくらい会話や仕草が可愛らしい主人公でした。

物語の中盤ですれ違う男女の視点が逆転するのですが、海の上を走っているようなバスからの風景がとても素敵な映像でした。コロナ禍が収まったら是非に訪れてみたいと思った台湾の素敵な景色でした。


[cinema] 『シュシュシュの娘』

2021年08月14日 13:00更新

全国各地のミニシアターをZoomで繋いだプレミアム試写会を仕事終わりに上田映劇へ見に行ってきました。

主演の福田沙紀さんの何とも言えないダンスが印象的な映画でした。一方で「公文書改竄」や「外国人排斥」などのテーマも織り込んで、ゆるい中にも考えさせられる内容でした。

全国各地を繋いだZoom中継は、スタッフさんのWIndows画面がスクリーンに大写しになり、音声が届かないと四苦八苦している様子が丸見えあったのですが、全国各地のミニシアターから「音が割れています!」とか「ピントが外れています」とコメントがポップアップして臨場感溢れるライブイベントでした。

入江悠監督やスタッフ、キャストのミニシアターに対する熱い思いが伝わってくる素敵なイベントでした。


[cinema] 『藍に響け』

2021年08月04日 07:19更新


更新

連絡先 (E-Mail)

mail address