ちはやふる日記


『農民美術児童自由画100年展』

2020年01月19日 23:04更新
農民美術自由画100年展

上田市美術館で開催中の『農民美術児童自由画100年展』を観覧してきました。

NHKの『日曜美術館』で版画家 山本鼎が始めた「児童自由画教育運動」を特集していたので、番組から受けた熱が消えてしまう前に美術館に足を運びました。お手本を正確に模写することが良しとされていた当時の美術教育に対して、児童に自由に描かせることを広めた歴史的背景や、思想の原点となった山本鼎の少年期の木版工房での年季奉公の経験などを知った上で作品を見ると、当時の子供たちが描いた絵も興味深く鑑賞することができました。

Read more...


TITAN STRAPS

2020年01月19日 19:47更新
Titan Straps

アウトドアショップでストラップを購入。

Read more...


[cinema] 『ラストレター』

2020年01月17日 23:47更新

大人って楽しい! 仕事帰りにレイトショーで公開初日の『ラストレター』を観てきました。😃

『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』、『Love Letter』、『四月物語』と岩井俊二監督作品は同時代のど真ん中でみた作品。あの頃の甘酸っぱい気持ちをもう一度と期待を膨らませながら観に行った作品でしたが、大人になって、ちょっと色褪せたり、擦り切れたり、ほつれたりした人生も悪くないなと思えた素敵な物語でした。


[cinema] 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

2020年01月13日 12:18更新

私の知っている原爆ドームは骨組みを残した遺構であり、平和記念公園は静かな公園でした。しかし原子爆弾が投下される前には、そこには大勢の人が働く職場があり、大勢の人が暮らす街並みがあったことをリアルに伝えてくれる作品でした。

戦争の悲劇は決して過去のものではなく、今も中東では敵の空爆に怯えて同胞が乗った旅客機を撃ち落とす悲劇が続いています。打ち落とされた乗客や家族の気持ちは如何程のものか? 誤射で同胞が乗った旅客機を打ち落としてしまった当事者や命令を下した司令官は何を思っているのか? 想像することしかできませんが、決して遠い国のこととしては考えられないと映画を見ながら感じました。


Withings Steel HR Sport

2020年01月19日 19:03更新
Withings Steel HR Sport

フランス生まれのスマートウォッチ Withings "Steel HR Sport" を購入。脈拍センサーや加速度センサーを備えた活動量計タイプの腕時計は装飾が派手な目立つものが多いのですが、この製品はシックなデザインで悪目立ちしないので選びました。しかし仕事中は本当に歩いていないし脈拍は低いまま。ちゃんと仕事をしているのか? 自分… 😅



更新

連絡先 (E-Mail)

mail address