S3 Glacier 課金

AWS(Amazon Web Services)のS3(Simple Storage Service)のGlacier(グレイシャー)を試したところ思わぬ課金が発生したので備忘録です。

Billing of Glacier

Glacierは低料金で利用できるストレージサービス。保存したファイルを取り出すためには事前にリクエストを発行して数時間待つ必要がありますが、標準ストレージに対して料金が1/5程度の低料金に設定されています。
ということで静的Webホスティングとして利用しているS3のログファイルをGlacierに移行したところ、どかっと課金が発生してしまいました。

問題はログファイルの数が多すぎたこと。Glacierへのアップロードは「リクエスト 1,000 件ごとに 0.0571USD」、微々たる金額のはずでしたがログファイルの数が多すぎました。サイズは563MBとそれほどではありませんでしたが、ファイル数が446598個。0.0571 * 446598 = 25.5 ドル => 約2,700円

数が多いものは気をつけましょう。 😀

画像の一括トリミング

ImageMagickのmogrifyコマンドを使う

実行例

python 2 と python 3 を共存

pyenvを利用する

pyenvのインストール

PATHの追加 (.bash_profileなど)

 

pyenvの使い方

インストール可能なバージョン一覧

Pythonsのインストール

グローバルで使用するバージョンの切り替え

リハッシュ

はじめてのDoxygen

Doxyfileのテンプレート作成

[configName] にてconfigファイルのファイル名を指定できるが、指定しなければデフォルトファイル名の "Doxyfile" で作成される。

 

Doxyfileの実行

[configName] にてonfigファイルのファイル名を指定できるが、指定しなければデフォルトConfigファイル "Doxyfile" が参照される。

自動生成されたテンプレートのDoxyfileを使うと「ほぼ」中身のないドキュメントしか出力されない。

 

Doxyfileの変更点

プロジェクト名変更

My Projectのままで支障はないが気分の問題。

続きを読む

Acrobat DCのツールパネルを閉じる

Adobe Acrobat DC において右ウインドウに開く「ツールパネル」をデフォルトで閉じるようにする設定方法。

[編集] → [環境設定(N)]
[分類(G)] → 文書 : ツールパネルの現在の状態を記憶(N)

 

確認環境

Windows版 Adobe Acrobat Reader DC – ver. 2018.011.20038

ホームディレクトリの日本語フォルダ名を英語フォルダ名へ変更

Linuxのデフォルトインストール時にホームディレクトリに作成されるディレクトリ名が日本語である。(たとえば「ダウンロード」)

日本語名ではコマンドラインコンソールでの操作が不便なため、日本語フォルダ名(「ダウンロード」など)から英語フォルダ名(「Downloads」など)に変更する方法。

変更前

続きを読む