タグ別アーカイブ: EXCEL

[Excel] 非表示のセルの値を無視する範囲指定計算

ワークシート関数 SUM() や COUNT() で範囲を指定して計算したとき、非表示のセル(行や列)も計算対象となる。

SUBTOTAL関数 の第一引数 100 以降を指定すると非表示セルを無視することができる。但し100以降の対応はExcel 2003以降
たとえば A1~A100の範囲の中で 「数値が入力されたセル」かつ「表示セル」の数をカウントする、というような目的に利用できます。

第一引数 第一引数    
非表示セル含む 非表示セル無視 戻り値 類似関数
1 101 平均 AVERAGE
2 102 数値の入ったセルの数(文字はカウントに含まず) COUNT
3 103 数値か文字(非空白文字が1文字以上)入ったセルの数 COUNTA
4 104 最大値 MAX
5 105 最小値 MIN
6 106 PRODUCT
7 107 標本標準偏差 STDEV.S
8 108 母集団の標準偏差 STDEV.P
9 109 合計 SUM
10 110 分散の推定値(不偏分散) VAR
11 111 標本分散(母集団全体に基づいた分散) VARP

条件に一致したセルの数をカウント

書式

記述例

範囲A1:A100の中で「セルE1以上かつセルE2以下」のセルの数をカウントする