Bluetoothセットアップ

2009.03.11 追記
以下で説明している “Bluetooth Stack for Windows by Toshiba” を使用すると相性の問題(不具合)の恐れがあるようです。

Bluetooth

NXTとWindows PCのBluetooth接続のセットアップを試みました。

なお、このページの情報は、掲載した製品や手順での動作を保証するものではありません。

こんなふうにやったら、動いちゃった!という単なる備忘録ですので、“At Your Own Rick”でお試しください。

NXT標準ファームウェア起動

Bluetooth
Bluetooth

NXTのオレンジ色のボタンを押して、標準ファームウェアを起動します。

Bluetooth接続ウィザード起動

Bluetooth

Windows PCのBluetooth接続ウィザードを起動します。

Bluetooth

デバイス検索を数秒間待ちます。

Bluetooth

デバイス名 “NXT” を選択します。

PINコード入力

Bluetooth

Bluetooth

NXTの画面がPINコード(Passkey)入力に自動的に切り替わります。
ここではデフォルトのPINコード(“1234”)のままOK(チェックマーク)を選択します。

Bluetooth

Windows PCのPINコードに “1234” を入力します。

Bluetooth

Bluetooth

Windows PC側の操作は、ひとまず一段落です。

nxtOSEK起動

Bluetooth
Bluetooth

“My Files” の “Softwares files” の中の “datalogging” を選択して、nxtOSEKを起動します。(nxtOSEKのサンプルコードは事前にアップロードしておいてください。)

Bluetooth接続

Bluetooth

メニューより接続(≠新しい接続)を実行します。

NXTGamePad起動

Bluetooth

NXTGamePadを起動します。

Bluetooth

“Setting” より COMポート番号を設定して接続します。

Bluetooth

datalogging起動

Bluetooth

NXTの右ボタン “RUN” を押し、”datalogging” を起動して、Bluetoothによるログ送信を開始します。

 

=== 以上です ===

3 thoughts on “Bluetoothセットアップ

  1.  コメントありがとうございます。すねいるです。

     BD_ADDR(Bluetooth Device Address)はネットワークのMACアドレスと同じようにハードウェアデバイスに対して(工場出荷時に)一位に割り当てられた番号のようです。
     なので、デバイス・アドレスさえあれば、お互いに接続することはできるのでしょうが、デバイスに対して静的に割り当てられたデバイス・アドレスと動的に割り当てることができるPINコードを使い分けることで利便性を向上させているようです。

     と、ゆるい説明で申し訳ありませんが宜しいでしょうか?

  2.  PINコードが動的に変更できると書いてしまいましたが、WiiリモコンやBluetoothマウスのPINコードは大抵の場合、変更できませんから、デバイスの種類によりけりなのでしょうね。
     デバイス・アドレスは、ハードウェアに近いレベルでデバイスを識別するために使われ、PINコードはユーザに近いレベルでデバイスを識別するために使われる、という説明が適切なのでしょうか?
     私もあまり詳しくないので適当な説明でごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください