EV3のためのmicroSD選び

これは、ETロボコン Advent Calendar 2014 – Adventar の3日目のエントリーです。

おすすめmicroSD

容量
8 〜 16 GBytes
規格
SDHC
クラス
Class 10

注意:microSDとSDは大きさが一回り違いますが、商品パッケージは似ているので注意しましょう。

なぜmicroSDが必要か?

Mindstorms EV3は本体のファームウェアを書き換えることが可能です。LEGO社より公式なバージョンアップファームウェアも提供されます。しかしながらファームウェアの書き換えに失敗すると電源ONすらできなくなる危険性があります。

Mindstorms EV3にはmicroSDカードスロットが装備されており、通常は標準ファームウェアの拡張領域(より多くのユーザープログラムやデータを保存する領域)として使用することができます。さらにEV3ではmicroSDカードに書き込まれたファームウェアイメージから起動することもできます。そこでユーザーは本体の標準ファームウェアを上書きすることなく、非公式のいろいろなソフトウェア実行環境を試すことができます。これは便利!

leJOS EV3やev3devは、microSDにファームウェアイメージ(OSイメージ)を書き込み、そこから起動するしくみをとっています。

ということで、Mindstorms EV3ハッカーは常時4〜5枚のmicroSDをストックすることをお勧めします。 😀

SD規格

規格 サイズ 標準ファームウェア TOPPERS/EV3RT
SD 2GBytesまで サポート 非サポート
SDHC 4GBytes 〜 32GBytes サポート サポート
SDXC 48GBytes 〜 2TBytes 非サポート 非サポート

記憶容量によって規格(名)が異なります。EV3では32GBytesを超えるSDXCには対応していません。

SDカードへのイメージの書き込みには30〜40分、条件によってはそれ以上かかります。大は小を兼ねると必要以上に大きなサイズのSDHCを選択すると書き込み時間ばかりかかるので注意しましょう。

TOPPERS/EV3RTはバイト単位のRead/Writeに対応していないためサイズ2GBytes以下のmicroSDを読み書きできません。

Class

Class 最低保証レート
Class 2 2MB/sec
Class 4 4MB/sec
Class 6 6MB/sec
Class 10 10MB/sec

書き込み/読み込み速度によりクラスが決まります。廉価に販売されているmicroSDはclass 4やclass6ですが、microSDからブートしてプログラムを動作させるためにはできるだけ高速なmicroSDを選択することをお勧めします。

EV3のためのmicroSD選び” への1件のコメント

  1. 凄く分かりやすく どのくらい容量が必要なのかがひとめみてわかりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。