ステアリング歯車のひっかかり

 マーカー(灰色区間)検出の精度を上げようと色々な工夫を試みていますが、なかなか上手くいきません。

 いろいろと実験してみると、稀にステアリングの歯車がひっかかり、ステアリングを左右に振る動作の途中で跳ね返されていることが分かりました。稀とはいえ、モーターの新旧に関わらず、数秒に1回位は発生するので無視できません。さて対策が思いつかない・・・ ^_^;

ステアリング歯車のひっかかり例

ステアリング歯車のひっかかり例

ステアリング歯車のひっかかり例

ステアリング歯車のひっかかり例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください