GNU ARM Eclipse Plug-in

GNU ARM の Eclipseプラグイン導入の備忘録です。

このプラグインを使うことでC/C++コードのパース(構文解析)が有効になります。

1. プラグイン導入


GNU ARM plug-in


GNU ARM plug-in

  1. Work with : に "http://gnuarmeclipse.sourceforge.net/updates" を指定する
  2. "Group items by category" のチェックを外す
  3. "GNU ARM C/C++ Develpment …" にチェックを入れる
  4. "NEXT" をクリックする


GNU ARM plug-in


GNU ARM plug-in


GNU ARM plug-in


GNU ARM plug-in

2. プロジェクト作成


GNU ARM plug-in

"C Project" または "C++ Project" を作成する


GNU ARM plug-in

  1. Project name は適当な名前を設定する
  2. "Use default location" のチェックを外す
  3. Location: にソースコードを置いたディレクトリを指定する
  4. "Makefile project" -> "Empty Project" を選択し、さらに "ARM Windows GCC (GNUARM, WinARM, Yagarto)" を選択する。


GNU ARM plug-in

3. プロジェクトのプロパティ設定


GNU ARM plug-in


GNU ARM plug-in

"C/C++ Build" -> "Environment" で環境変数 "PATH" = "${PATH};C:¥cygwin¥bin" を追加する


GNU ARM plug-in

"Builders" の "Scanner Configuration Builder" のチェックを外す


GNU ARM plug-in

"C/C++ General" -> "Paths and Symbols" の "GNU C" と "GNU C++"の各々に必要なインクルードバスを追加する

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください