モデリング基礎教育

演習

地元企業で社内講師やプロセス改善を展開されているご担当者を講師にお招きしてモデリング基礎研修を実施していただきました。

地元のお祭りの役員だったり、ご家族のご都合だったりで、いつもよりも参加者が減ってしまいましたが、普段とはまた違う勉強会の雰囲気で新鮮でした。研修室のプロジェクターが熱暴走で頻繁に停止したのはご愛嬌? 😀

2012年7月7日(土)

  • 13:30 ~ 16:15 モデリング基礎研修 (講義と演習)
  • 16:15 ~ 17:00 次週以降の活動内容の相談

モデリング基礎研修

  • オブジェクト指向概要
    • 構造化設計技法とオブジェクト指向設計の比較
    • オブジェクト指向設計の特徴
    • カプセル化、継承、移譲の説明
  • UML表記とモデリング
    • クラス図とシーケンス図の表記法を説明(その他の図の説明は省略)
    • クラス図(アクセス制限子、関係、多重度、コンポジションと集約の違い)
    • シーケンス図(同期メッセージ、非同期メッセージ、ライフライン)
  • モデリング演習 4問
    1. [クラス図] 問題で与えられた3つのクラスの間に関連と多重度を書き足す
    2. [クラス図] 問題で与えられた2つのクラスの間に限定子を使って関連を書き足す
    3. [クラス図] 4つの選択肢の中から、題意にあった正しいクラス図を選ぶ
    4. [クラス図/シーケンス図] 1つの入力ボタンと1つの表示出力をもったアプリの実装設計

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください