ちはやふる日記


[event] PHOTO IMAGING EXPO 2007

2007年03月26日 07:19更新

アジア最大の写真関連のイベントという触れ込みの PHOTO IMAGING EXPO 2007 を見学してきました。


東京 神楽坂界隈



神楽坂の名前の由来となった「御神楽」の行われる毘沙門天です。


で、今回、神楽坂へ寄り道した理由は、「ペコちゃん焼」を食べたかったから。

要はペコちゃんの形の型で作った今川焼なんですが、学生時代に、この近くの学校に通っていて、懐かしの味なのです。

しかし、最近の事件で、全国でただ一軒、ペコちゃん焼を販売しているこのお店も休業していると聞いて、とても寂しく思っていました。販売を再開したということで、喜び勇んで買いに行ったら、大変な行列と大変な待ち時間であきらめました。私の学生時代も、いつも行列のできるペコちゃん焼でしたが、休業中の渇望感が、さらに営業再開後の行列を伸ばしたようですね。がんばれ!ペコちゃん焼。(って、それじゃあ、いつまで経っても、私が食べられないのですが・・・)



PHOTO IMAGING EXPO 2007



老舗のカメラメーカーから、新規参入組まで、昨今のデジカメブームで活況を呈していました。

しかし会場はすごい熱気でした。とにかくキャンギャルの皆さんにカメラを向けて、ポーズをつけて、ストロボを焚きまくらないと、失礼にあたるんではないかという勢いでした。


ちなみに最後の写真のサンディスクのキャンギャルさんは、手に注目を集めるポーズを作っていたので、この会社の製品のコンパクトディスクか、それとも昨今のSDカードか、いやいや、携帯電話にも搭載される Micro SD を見せているのかと注目したら、何のことはない指でハートマークを作っているだけでした。いえ、だから、そのぉ、製品をアピールしてください・・・(笑)



やっぱり水上バス



ビッグサイトの帰路は、やっぱり水上バスです。春休み中なので、もっと混雑しているかと思ったら、ガラガラでした。確かに船から風景を楽しむのは、まだ、ちょっと寒かったみたいです・・・


コメント(1) [コメントを投稿する]
_ ちはやふる 2007年03月26日 07:19

神楽坂が、やたら賑わっていた理由に今頃、気がつきました。<br>神楽坂が、先日、最終回を迎えたドラマ「拝啓、父上様」の舞台となったため、それを目当てにやってくる人でごった返していたようです。<br>道理で毘沙門天の人が多すぎるわけです。「写真撮ってください!」と黄色い声で頼まれたので、おかしいとは思ったんです・・・<br>翌日のブログを見ればわかるとおり、私は裏番組の大ファンなので・・・(笑)



編集

連絡先 (E-Mail)

mail address